有機酸素運動が出来るおススメのマシン

ジムに行くといろんなトレーニングマシンがあります。どれを使えばいいのか、よくわからないですね。そんな時にはトレーナーに聞いてみるといいでしょう。詳しく説明してくれるでしょう。また、ぞんな目的で運動するのか。それによって使うマシンも違ってきます。また、同じマシンでも、姿勢や使い方によって、効果が出てくるところが違ってきたりもします。できれば同じトレーニングをするならば、効果的に行いたいものです。ここでは、ダイエットにおススメのマシンを紹介しましょう。あなたが通うジムにもあるのではなでしょうか。ダイエットには、筋力をつけるよりは、カロリーを多く消費するトレーニングが必要になります。それと合わせてマシンも選ばなければなりません。そのことを念頭に置いておススメマシンを紹介したいと思います。

クロストレーナー」・・・上半身と下半身を同時に使うことが出来るマシンです。ですからほぼ全身運動を行うことになります。このマシンで注目すべきは、消費カロリーがジョギングよりも高くなるということです。更には、着地衝撃がありません。膝関節に負担が掛かりません。これは年配の方にはうれしいマシンでしょうね。このマシンを使った運動は、リハビリにも向いています。
「ランニングマシン」・・・これはよくわかるでしょう。使い方を工夫をしていものです。マシンは運動強度を自分で選択出来ます。徐々に負荷を挙げていくことで、効果的なトレーニングになります。まずは軽いウォーキングから。慣れてくればジョギングに切り替えます。また、ランニングマシンは、一見下半身のみのトレーニングと思うでしょうが、違います。
s姿勢の維持や腕を振りがながら歩くことで半身のトレーニングにもなるのです。注目したいのは、足への負担です。このマシンでの
ジョギングならば、地面をはしるジョギングよりは関節に負担が少なくすみます。
「ステップマシン」・・・動きとしては、階段の上り下りの動きになります。階段がキツイというこで、足腰を鍛えられます。上る動作によってはお尻の筋肉を鍛えられます。
「エアロバイク」・・・人気のマシンです。これもお年寄りにもとっつきやすいものでしょう。自転車をこぐ運動と言ってみればいいでしょう。地面を走るジョギングに比べて、関節の負担も少ないです。
このように、ジムには、いろんなマシンがあります。効果的な運動をして、成果をあげていきましょう。

いよいよジムに行くことになった時。一体何を用意して、持っていけばいいのでしょうか。予め、入会の際にジムのスタッフから教えてもらったかも知れません。ここでおさらいのつもりで確認してください。
「入会カード」・・・まずは、一番大事なものです。カードを忘れる人もいるようで、ジムのカウンターにいるスタッフが確かに対応をしてくれますが、必ず持っていきましょう。いつもお財布に入れておけば大丈夫ですね。
「トレーニングウェア」・・・これも忘れてしまったらトレーニングはできませんね。そしてどんなものを用意すればいいのでしょう。普段着はNGですね。運動が出来ません。ジムでははっきりと禁止しているでしょう。揃えておきたいのが、まずTシャツ。そしてハーフパンツ。シャツは機能性のあるものがベターです。また乾きやすい生地であれば尚良いでしょう。ウエアに拘る人は、スポーツショップを回ってお気に入りのものを探しましょう。まずはスタイルから入る!!なんていう人は意外に多いようです。お気に入りのトレーニングウエアをきれば、モチベーションもグッと上がることでしょう。

「運動靴」・・・そしてこれも大事です。室内用の運動靴。履きやすく、動きやすい靴を探しましょう。やはりスポーツ用品専門店などでは、トレーニングに適した靴を揃えていますから、のぞいてみると良いでしょう。多少高くても靴は良いものを選んでほしいものです。
「タオル」・・・これも必需品ですね。ファイスタオルでは短すぎます。お風呂用と2枚用意していきましょう。

「バッグ」・・・できれば大きめのものが良いでしょう。荷物が増えるのでスポーツバッグがおススメです。トレーニングルーム内へは、また別の小さめのバッグを用意しましょう。ドリンクやスマホを入れます。
どうでしょうか。いざ、通うとなったら、いろいろ必要になりますね。しかし、お気に入りのもので揃えることで、ジム通いは大変楽しくなります。準備も楽しみながら、これからのトレーニングに励みたいものですね。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>